横浜菊名教会紹介

菊名教会塔

私たちの教会は、1928(昭和3)年8月、ドイツの「リーベンツェラー・ミッション」より派遣されたエルンスト・ラング宣教師夫妻の、ここ菊名の地での伝道活動開始と同時に胎動を始め、1935(昭和10)年8月の教会堂建築によって産声をあげました。

多難な時代にあって、生まれたばかりのお子さんを乳母車に乗せて伝道するお二人の姿は、いつしか菊名の人々に、「赤ちゃん伝道」と呼ばれ親しまれるようになりました(高見澤潤子著『愛に生きた人々』より)。

ラング先生のお働きはその後、野村徳治牧師、伊藤直己牧師、そして戸波義憲牧師へと時代をこえて引き継がれ結実してきました。

 


1995年に建てられた現在の会堂、その壁面に埋め込まれている、ステンドグラス8枚のステンドグラスには、アブラハム・モーセ・ダビデ・エレミ ヤの旧約聖書に登場する信仰者の名と、信仰・希望・愛・永遠の命という、新約聖書における福音の核ともいうべき言葉が刻まれています。

当教会のあゆみは、一貫して「聖書」と「伝道」を両輪としています。これは、聖書に記されている「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい(マルコによる福音書16章15節)」というイエス・キリストの教えにほかなりません。

毎日曜日の主日礼拝は、そんな私達の大切な母港なのです。

 

愛澤豊重牧師 略歴

1948年、東京都に生まれる。青山学院大学、立教大学大学院を卒業して日本基督教団牧師に任職される。宮古教会、阿佐ヶ谷東教会、立川教会、日本基督教団総務幹事、松沢教会を経て2015年4月から横浜菊名教会に就任。

 

 

 

 

 

 

教会役員会関連

保存